AGA治療薬が効果的!

薄毛の悩みは、中高年男性の悩みと思われがちですが、最近では若年層の男性の多くも薄毛の悩みを抱えています。アンケートによると、髪の毛の悩みを持ち始めた年齢を調べると、20代と30代をあわせると全体の半数以上にものぼることが分かっています。

その様な薄毛の原因の一つに男性特有なAGA(男性型脱毛症)があります。

最近よくテレビなどで目にするように、AGAは病院で治療が可能で、実際に効果をあげている方もいらっしゃいます。
実際に、AGAの発生するメカニズムは解明されていますので、その治療も可能なのです。

AGAが発生するメカニズムは男性ホルモンのテストステロンと、悪玉酵素である5-αリダクターゼが結合して発生する、ジヒドロテストステロンが原因だと言われています。
このジヒドロテストステロンが毛母細胞に髪の毛の成長を止めるように働きかけるのです。

したがって、5-αリダクターゼの働きを抑えることが出来れば、AGAによる薄毛は防げるのです。

通常、病院では薬物療法が行われます。一般的に使われる薬はミノキシジルとプロペシアの2種類があります。

このような薬物療法は一定の効果を挙げているのは確かなのですが、一方でその副作用も問題になっていることは、あまり知られていません。

薬ですから、効果と同時に副作用があるのは当然のことなのですが、効果ばかりが宣伝されていて、その副作用には注目されていません。

その副作用が小さい場合はもちろん問題にならないのですが、ミノキシジルやプロペシアの場合には、決して軽いと言えない副作用が多く報告されています。時には命に関わるような重大な副作用も報告されている位です。

従って、AGA治療薬ミノキシジルやプロペシアを使用する時には、その副作用に充分に注意しながら、何か少しでも身体に異変があれば、すぐに使用を中止し、医師に相談する事が大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ