お酒の影響を軽減してくれる飲み物3つ

お酒を飲むと頭がぼーとしてしまったり、真っ赤になってしまったり、二日酔いが発生してしまう、といった方も多いはずです。そんなことになってしまうと、せっかくのお酒も楽しめませんよね。二日酔いになりそう、と思いながら飲むお酒は美味しくないものです。せっかく、お酒を飲むなら、お酒に強くなる方法をマスターして、上手にお酒と付き合いたいものです。

今回は、お酒に強くなる方法、つまり、お酒の影響を減らしてくれるようなどリンクを紹介します。お酒を飲みながら一緒に呑んだり、寝る前に飲む、といった対策法もおすすめですよ。アルコールで悩んでいる方は参考にしてくださいね。

・スポーツドリンクを飲むのがおすすめ!

アルコールを飲むことによって起きてしまうのが脱水症状です。お酒を飲んで体内にアルコールが入ってくると多くの水が利用されることが分かっています。ですから、大量のアルコールを飲んでしまうと、自然と脱水症状が出てきてしまうのです。

脱水症状が出てきてしまった場合には、何が最も効果が高いでしょうか。もちろん、スポーツドリンクですよね。そもそもスポーツドリンクは他の水分よりも身体に浸透しやすい、といった特徴があります。しかも、バランスよくナトリウムも含まれているので、体内の水分バランスも整えてくれるのです。

脱水症状のようなものを感じたことがある方は、スポーツドリンクを利用しましょう。

・単なる水を飲むのもおすすめ

スポーツドリンクで脱水症状を抑える、といったこともおすすめですが、水を飲むだけでもかなりの効果が得られます。水を飲むことで、アルコール分を外に排出する、といったことも出来るのです。

水を飲むとトイレが近くなりますよね。お酒を飲んだ時に多めの水を飲むことで、アルコール分を尿で体外に排出する、といったことも期待できます。

水を飲む量ですが、お酒を飲んだあとは少なくても500ミリリットル程度は飲みましょう。理想としては、1リットル程度です。かなり量が多いので無理はしないでも良いですが、アルコールによる脱水症状をクリアするためには、それくらいの水分量がどうしても必要になってくるのです。

・グレープフルーツジュースを飲むのもおすすめ

水分の摂取といった観点もありますが、そもそもグレープにはアルコールに対して素晴らしい機能があるのです。体内のアルコールを分解しやすくする作用があるので、悪酔いを抑制してくれます。特に吐き気を抑えてくれる機能があるので、アルコールを飲むと吐きそうになってしまう方は有効活用すべきです。

このような事を意識するだけで、お酒に強くなる事が出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ